Midori Skincare Clinic

04-2935-4136診療時間:AM9:00〜PM12:00、PM3:00〜6:00 休診日:木・日祝

アレルギー科

アレルギーとは?

アレルギーの発症の仕方には4種類あり、このうち皮膚に関与したものは1型の即時型アレルギーと4型の遅延型のアレルギーです。大まかに述べると1型アレルギーを代表する皮膚疾患が「じんま疹」で、4型アレルギーを代表するものが「かぶれ(接触皮膚炎)」です。アトピー性皮膚炎は1型と4型のアレルギーの両者の側面を持っています。必ず原因が分かるとは言えませんが、血液検査で1型アレルギーの原因を推定することが可能です。4型アレルギーはパッチテストを行なって原因を推定することが可能です。

パッチテスト

4型の遅延型のアレルギーである「かぶれ」の原因物質を調べるために行う検査です。「かぶれ」の項で述べたとおり、日常生活においてかぶれを起こすものは数多くありますが、当院では「金属によるかぶれ」と「日用生活用品に含まれる化学物質のうち、かぶれを起しやすいもの」についてパッチテストを行っています。湿疹がなかなか治らない場合は治療の一助になることもありますのでご相談ください。

■金属パッチテスト

金属アレルギーは身につけた金属と体内のタンパク質が結合した結果生じます。指輪、ネックレス、ピアス、イヤリング、時計などの宝飾品、ベルトのバックルや下着のホックなどの日用品、さらには虫歯や入れ歯に用いる歯科金属などわれわれの身の回りには多くの金属があります。このうちアレルギーを起しやすいものはニッケル・コバルト・クロム・パラジウム・アマルガム(水銀と他の金属の合金)・スズで、アレルギーを起しにくいものは金・プラチナ・鉄・亜鉛・マンガンなどです。ニッケル、コバルト、クロム、亜鉛、銅などの金属は食事にも含まれています。一口に金属アレルギーと言ってもかぶれ以外に掌蹠膿疱症のように全身に作用して発疹をきたすものもあります。宝飾品などでかぶれれば容易に診断がつくのですが、意外な原因で金属かぶれを起こすこともあリます。治りにくい皮膚疾患ではときに金属パッチテストが有効なこともあります。当院で金属パッチテストを行う場合、金属かぶれの原因を探す目的であったり、歯科治療で使用可能な金属を探す目的で行うことが多いです。しかし実際に検査をしてみるとパッチテストで陽性反応を示す方は意外にも少ないのが実情です。患者さんが金属かぶれと思っていても実際には皮膚と密着している金属製品との間に汗が溜まり「あせも(異汗性湿疹)」になっていることもあります。金属かぶれ以外にも金属に接触すると赤くなることがあるため、当院では十分な問診の上パッチテストの適応かどうかを判断して行うようにしています。

1212

■日常生活用品でかぶれやすい化学物質へのパッチテスト

われわれの日常生活の中でかぶれを起こしやすい物質を25種類にまとめたものをジャパニーズスタンダードアレルゲンと言います。従来、国内で入手できるものは4種類のみで残りは医師が個人輸入する必要があり入手することが困難でした。2014年12月よりジャパニーズスタンダードアレルゲンのうち21種類のアレルゲンを2枚のパネルに配置したパッチテストパネル®(S)が使用できるようになり、2019年3月より当院でも遅まきながら検査できるようになりました。

■パッチテストの検査方法・スケジュール

背中、二の腕内側の湿疹やかぶれ、ニキビ、刺青などのない健常な皮ふに、かぶれの原因と考えられる物質を塗布したパッチテスターを貼ります。丸2日(48時間)貼り続けた後に再診し、2日目(48時間後)、3日目(72時間後)および1週間目にテスターを貼ったところがかぶれていないかどうかを確認して原因物質を突き止めます。赤く盛り上がるもの~水疱やただれがないかなどの皮膚の状態を5段階に分けて判定します。なおパッチテスターを貼る日(予約制)とかぶれの有無を判定する日を合わせて4回受診する必要があります。このためパッチテストを行う患者さんにはご自身の予定を調整していただく必要があります。4回のうち1度でも受診できないと正確な判定が不可能となり、判定結果をお渡しすることができません。

12

血液によるアレルギー検査

アトピー性皮膚炎などの皮膚を介したアレルギー、アレルギー性鼻炎や喘息などの気道を介したアレルギー、食物アレルギーなど消化管を介したアレルギーを調べる方法として血液中の免疫タンパクであるIgEの量を調べアレルギーの有無とその程度を数値化して調べる検査です。

■非特異的IgE検査(RIST法)

不特定のアレルゲンに対するアレルギー反応を合計を数値化して調べ、アレルギーを起こしやすい体質かどうかを見る方法です。この方法はアトピー性皮膚炎のみならず花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患も含むためこの数値を持ってこれらの疾患を診断することはできません(アトピー性皮膚炎の方でアレルギー鼻炎や喘息などがなければアトピー性皮膚炎の程度をIgEの数値によってある程度推測することは可能と思われますが…)。

■特異的IgE検査(RAST法)

特定のアレルゲンに対するIgEを数値化して調べる検査です。この方法ではアレルギーの程度を0~6に数値化して、0を陰性、1を偽陽性、2~6を陽性として数値が高いほどアレルギーの程度が強いことになっていますが、陽性率や相関率は決して高いとは言えません。水に溶かしたアレルゲンに対するヒトの血液のリンパ球の反応性を見るため、水に溶けやすい卵白や卵黄などでた高く出ますが、小麦は水に溶けにくく意外に低くなります。このため小麦の場合は小麦の成分であるグルテンも調べるべきと思われます。同様にスギやヒノキといった花粉、ダニやハウスダストなどの陽性率も決して高いわけではありません。また複数の食べ物に特異的IgEが高いお子さんを見ることがあり親御さんより全て食物除去をすべきか?との質問を受けるのですが、この検査を鵜呑みにして食事制限を行ってしまうと食べるものが極めて限られてしまいます。あくまでも特定の食物を摂取すると必ずじんま疹が出てその食べ物に対して特異的IgEが高い場合にのみしばらく制限をすべきと思われます。特異的アレルゲンは大まかに樹木や雑草などの花粉、ハウスダスト、カビ、最近、動物のフケ、職業性アレルゲン、食餌性アレルゲン、薬品、昆虫などを細かく分類されており、非常に多くのもの(ここをクリック)があります。また花粉や食餌などの複数のアレルゲンを組み合わせたマルチアレルゲンもありますが、健康保険では一度に13項目のアレルゲンしか調べるまことができません。そこでアレルギーを起こしやすい代表的なものを39種類を厳選し一度に調べる検査方法としてView アレルギー39があります。

■特異的IgE検査(RAST法)

特定のアレルゲンに対するIgEを数値化して調べる検査です。この方法ではアレルギーの程度を0~6に数値化して、0を陰性、1を偽陽性、2~6を陽性として数値が高いほどアレルギーの程度が強いことになっていますが、陽性率や相関率は決して高いとは言えません。水に溶かしたアレルゲンに対するヒトの血液のリンパ球の反応性を見るため、水に溶けやすい卵白や卵黄などで高く出ますが、小麦は水に溶けにくく意外に低くなります。このため小麦の場合は小麦の成分であるグルテンも調べるべきと思われます。同様にスギやヒノキといった花粉、ダニやハウスダストなどの陽性率も決して高いわけではありません。また複数の食べ物に特異的IgEが高いお子さんを見ることがあり親御さんより全て食物除去をすべきか?との質問を受けるのですが、この検査を鵜呑みにして食事制限を行ってしまうと食べるものが極めて限られてしまいます。あくまでも特定の食物を摂取すると必ずじんま疹が出てその食べ物に対して特異的IgEが高い場合にのみしばらく制限をすべきと思われます。特異的アレルゲンは大まかに樹木や雑草などの花粉、ハウスダスト、カビ、最近、動物のフケ、職業性アレルゲン、食餌性アレルゲン、薬品、昆虫などを細かく分類されており、非常に多くのもの(ここをクリック)があります。また花粉や食餌などの複数のアレルゲンを組み合わせたマルチアレルゲンもありますが、健康保険では一度に13項目のアレルゲンしか調べるまことができません。そこでアレルギーを起こしやすい代表的なものを39種類を厳選し一度に調べる検査方法としてView アレルギー39があります。

■即時型食物アレルギーとは?

ある特定の食べ物を摂取して20~30分も経たずに全身にじんま疹ができたり、口の中や喉がイガイガしたり、舌が腫れぼったくなったり、喉がつかえて息苦しくなったりする反応を即時型食物アレルギーと言います。私たちは摂取した食べ物を必要な栄養素に分解して体内に吸収します。ところが摂取した食べ物が必要な栄養素に分解される前に体内に吸収されると拒絶反応をきたし、その結果として即時型アレルギーを引き起こします。即時型食物アレルギーは1歳未満の乳児で1割程度と最多で、消化管が未熟で食物を分解する力が弱いために食べ物の成分がそのまま吸収されるからです。学童期になると消化管が成熟し、アレルギーを起こす食べ物に耐性を獲得するようになります。乳児期でアレルギーを生じやすい原因食物である卵、乳、小麦は6歳までに耐性を獲得しおよそ9割の方が食べられるようになるのはこのためです。平成23年度の厚生労働科学省研究報告では年齢により即時型食物アレルギーを起こす食べ物が報告をされています。

当院では即時型食物アレルギーを起こす食べ物について特異的IgE検査(RAST法)によるアレルギー検査を行なっていますが、年齢に応じて項目をかえています。しかし検査の結果はあくまで指標に過ぎず、陽性だからといって即時型食物アレルギーと診断できるものではありません。その診断を確定するのには原因と思われる食べ物を実際に摂取する食物負荷試験を行いますが、即時型食物アレルギーを生じる危険性も伴います。食物負荷試験が必要であれば可能な医療機関を紹介しています。

■口腔アレルギー症候群とは?

生の果物や野菜を摂取して15分以内にくちびるが晴れたような感じがしたり、口の中や喉がピリピリしたりするなどの違和感を生じるものを反応を口腔内アレルギー症候群と言います。即時型食物アレルギーとは異なり、多くは小学生以降の年代で生じます。口腔内アレルギー症候群では摂取した果物・野菜が完全に分解・吸収され、栄養素になった成分がアレルゲンとなって発症します。果物・野菜のアレルゲンはスギやブタクサのアレルゲンと構造が類似しているものがあり、スギやブタクサのなどのアレルギーを持っている人に口腔アレルギー症候群が生じることがあります。さらにゴム(ラテックス)のアレルギーを持っている人も同様に口腔内アレルギー症候群を生じることがあります。即時型の食物アレルギーと口腔内アレルギー症候群の違いをまとめると以下の表のとおりになります。

口腔アレルギー症候群は以下の表のとおり花粉症との関連性が高いため、疑わしい食べ物に加えて関連した花粉症のアレルゲンを同時に検査しその傾向を知ることが望ましいです。しかしこの結果はあくまでも指標に過ぎず、確定診断にプリックテストが必要です。プリックテストは前腕の皮膚に針でわずかな穴を開けてからアレルギーが疑われる食べ物をのせて皮膚の発赤具合を調べる検査です。生体検査ゆえにまれにアナフィラキシーショックを起こすリスクもあり当院では行なっていません。

■仮性アレルゲンによる「にせ食物アレルギー」

ある食べ物を摂取したのちに食物アレルギーと似た症状を起こすことがあります。鯖に当たってじんま疹ができたなどはその一例です。これを仮性アレルゲンによる「にせ食物アレルギー」 と言います。即時型食物アレルギーの発症に関与するヒスタミンやロイコトリエンと化学構造の似た仮性アレルゲンを含む食べ物を摂取すると即時型アレルギーと似た反応を生じてにせ食物アレルギーを生じます。

仮性アレルゲンを含む食べ物には即時型食物アレルギーを起こすものも含まれており鑑別が難しいこともあるのですが、即時型食物アレルギーではアレルギーを引き起こす食べ物を食べる毎にアレルギー反応を起こす反面、仮性アレルゲンによる「にせ食物アレルギー」は食べ物に含まれる化学伝達物質の量によりアレルギー反応を起こしたり起こさなかったりすることが相違点です。

診療カレンダー

 
AM × ×
PM × × ×

 

受付時間

 
AM 8:45~11:30 8:45~12:30
PM

11:30~12:00

14:45~17:30

×

 

みどり皮膚科美容ページ

お問い合わせフォーム